【ビジネス・マインドを深化させる】
必見のレポート集 その_7

深化させるレポ7 マインド編

こんにちは!アサです。

【ビジネス・マインドを深化させる】
必見のレポート集 その_7

只今完成いたしました!

ネットビジネスの運営、
コンテンツ制作に
大いなる助力を与える
マインドセット集になります。

今回も五つの項目に分け、
詳細な解説を付けました。
万人に共通のテーマ
意外な発見、気付きのヒントを
大量投入しております。
ぜひあなたのコンテンツに
取り入れてみてください。

 

───もくじ────────────────────────

1、『最速で悪い考えを良い考えに変える方法』
2、『失敗をどう捉えるかが成功のカギ』
3、『しぬ間際に後悔しないために』
4、『孫が寄り付くおじいちゃんになる!』
5、『コップ半分の水を人生に喩える』

(それぞれの項目の詳細は、リンク先のバナーをクリックしてください。)
──────────────────────────────

☆1、『最速で悪い考えを良い考えに変える方法』

 

あるまとめサイトにのっていた記事ですが

習慣化するのにかかる時間は
それぞれ

一か月
読書日記 整理整頓
三ヶ月
ダイエット 筋トレ早起き 禁煙
六ヶ月
プラス思考 論理思考

とのことでした。

考え方を変えるには 変わったあとの
自分をイメージして
その通りに行動する。

その結果を 一部でも体験すると
疑似体験ですが
脳がめちゃめちゃ刺激を受けるそうです。

馬に人参のような ご褒美を
脳にあげる イメージでしょうか。

自分ひとりでは気づかなかった
マーケットのニーズを

他人に聞いてみることで
気付かなかった価値、チャンスを
発見できます。

 

 

──────────────────────────────
☆2、『失敗をどう捉えるかが成功のカギ』

 

失敗は存在しない
それは成功に至るのに必要な経験で
成功に至る過程に過ぎない”

様々なメンターの方がそう言っています。

テニス選手のシャラポワさんは
”買い物セラピー” といって
試合に負けた時 買い物しまくって
ストレス発散するそうです。

たとえば 
ブラック会社に勤めていて もう耐えられない
いや、あと1年半頑張ろう

そういって 我慢するため
携帯ゲーム機を
買ったりする。

大して欲しくなかったが
やってみたら 意外と面白かった
そうゆうケースもあります。

自分にご褒美を与え
危機を乗り越えよう ということですね。

 

──────────────────────────────
☆3、『しぬ間際に後悔しないために』

 

末期癌患者さんに関わった医師の方が
まとめた書籍から ご紹介します。

やりたいことを やらなかった 
仕事ばかりで趣味ができなかった
会いたい人に会えば良かった
大恋愛したかった

何事も出来るうちに
チャレンジするべきですね。
人生は いつ何が起きるかわからない。

あなたのチャレンジは
それに近い想いを持つ人の
心の支えになり 勇気を与えます

サラリーマン時代の10何年間で
目の前で一緒に仕事をしていた方で
亡くなった方が
3名 いや、4名 いらっしゃいました。

それぞれ時期は違いますが
今思い出してもショックですね 

あの人の笑顔を はっきり覚えています。 

そういう状況の中 我々は何をするべきか 
社会貢献なんて言いますが
私は思います

やりたいことを思いっきりやって 
夢を代わりに叶えること。

それが一番の弔いだと。

 

──────────────────────────────
☆4、『孫が寄り付くおじいちゃんになる!』

 

誰もが皆、いつかはお年寄りになります。
そんな中、子どもや孫に慕われるには
どうすればいいのでしょう?

子どもが成人したのちは
だんだん疎遠になるものです。

定期的に自分から連絡をとる。
これは
ビジネス上のお客さんを
繋ぎ止めるノウハウと 共通点があります

ところで 私の両親の実家は
千葉県 九十九里海岸の近くでして
小学生の頃 夏休みには 毎年
泊まりにいっていました。

おばあちゃんの話しで覚えているのは
ニワトリや ブタさんを
飼っていた話しぐらいです。

おじいちゃんは
なにを言っているのか分かりませんでした。
寡黙で家畜の世話をしていました。

また 印象的だったのは
ホタルをとって 布団の中へ入れ
その明るさで マンガを読んだりした事です。

とても幻想的な光を放ちます。

このような
コミュニケーションの材料がある
おじいさん おばあさんとも
疎遠に なりづらいですね。

 

──────────────────────────────
☆5、『コップ半分の水を人生に喩える』

 

コップに半分入った水を見て
あなたはどう感じますか?
たくさん? 少ない?

それはポジティブさと ネガティブさ
分けられます。

残りを最大限に生かす。
例えば 脱サラして なにができるのか。

残りの可能性を 考えるのは自由です。
50% 100% 200%…それ以上でも
まるっきりないとは 言い切れません。

例え残りが 思いの外少なくても
それに 価値を見出すことが出来れば
道は開けます

 

 

──────────────────────────────

以上になります。
ぜひ役立ててくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました