【即効性あり】【実践】に備える、
ネットビジネスのロジック・レポート集 その_8

ビジネス実践08 未分類

こんにちは!アサです。

【即効性あり】【実践】に備える、
ネットビジネスのロジック・レポート集 その_8

満を持して、完成いたしました!

その筋の専門家、数箇所に打診し
まとめ上げました秘法が余す所なく
網羅
されております。

読み進めれば
思わず唸らずにはいられない
核心を突いた記事に仕上がりました。
ぜひお手に取って、その内容を
お確かめください!

───もくじ────────────────────────

1、『メルマガはいつ始める?今でしょ!』
2、『メルマガで反応が取れる5つのジャンル』
3、『困った時にはこれ!救済の記事ネタ』
4、『メルマガ送信の【絶妙】な頻度』

(それぞれの項目の詳細は、リンク先のバナーをクリックしてください。)
──────────────────────────────

☆1、『メルマガはいつ始める?今でしょ!』

 

メルマガを始めるのに最適なタイミングは
いつでしょう? そう…
”今でしょ!”

と、いうことで
できるだけ早い時期に始める!
というのが正解です。

どんな人でも
最初から準備万端は無理です。

今、大きな実績を上げている人も
皆 未経験からスタートしています。

スタートの遅い人は 何事もいけません。
スピードの大切さを もう一度おさらいしましょう。

不安を乗り越えどんどん行動する

速く”仕組み”を作る事を 最優先にしましょう。
躊躇している場合ではないのです。

完成度は低くてもいいので
数をこなしましょう。
そうすれば 必ずスキルは上がります!

 

 

──────────────────────────────

☆2、『メルマガで反応が取れる5つのジャンル』

メルマガを書く際、
読者さんの反応を効果的に取れる
5つのジャンルを紹介します。

1、ノウハウ系
メインから派生したテーマで 簡単なものでOK。
例:Gメールの使い方
デスクトップ録画ソフト
ワードプレスの使い方 等

既に自分が持っているノウハウが
簡単なものに思えて
そんなの大したことないよ、と
思ってしまいがちですが

探している人にとっては貴重な情報になります。
自信をもって 発信しましょう。

2、人間関係、健康系
テーマを越えて全ての人に共通する。
例:人の信用を得る方法
モテ方講座
睡眠の質の上げ方
私の健康法、等

3、マインド 自己啓発系
こちらも幅広くカバーできるテーマです。
例: 行動を積み上げる
自分に自身を持つ
プラス思考になる、等

…続きは本編にて、どうぞ!

個人的な体験
読者さんにとって新鮮に映ります。

筆が鈍ったときは ここに立ち戻り
気付きを新たにして 再び
メルマガ執筆に励んでください!

 

 

──────────────────────────────

☆3、『困った時にはこれ!救済の記事ネタ』

今日、どうしても メルマガを
2通 3通 書かないといけない!

だけど ネタが尽きてしまった…

そんな時には
テーマに関連した
本、WEBを なんとなーく見てみる
というのを お薦めします。

じっくり見るのではなく
視野狭窄を 広げるようにします。

木を見て森を見ず といいますが
一歩引いて どんな状況か俯瞰してみる
ということですね。

上手くいくと
進んでいた方向性を 再発見でき
脱線を元に戻すことができます。

『過去の自分の記事を見る』 というのも有効です。

また 自分の他のSNSについたコメント、
いいね などを振り返る
のも 有効ですね。

そんなに もらっていない?
よく探せばあるはずです。
その過程にも
ヒントが隠されています

 

 

──────────────────────────────

☆4、『メルマガ送信の【絶妙】な頻度』

メルマガ送信の絶妙な頻度とは?

毎日送信が 理想ですが

無理なく続けられるペースを 自分で掴みましょう。

野球選手にも
いろいろなタイプがあるように
中身との調整をしましょう。

例えば 1万字のメールを 毎日発信するのは
かなり骨が折れそうです。

千文字前後が 適しているようですね。

数をこなせば自然とわかってくる
というのもあります。
継続が力になる! ということですね。

ある程度メルマガがたまれば
メルマガ配信スタンドを使って
自動配信も可能になります。

配信が自動化できるまでは
修行の期間と思って
読者さんへの
プレゼン・スキルアップを
心がけましょう。

オファー、成果が発生した時を
夢見て
、がんばりましょう!

 

 

──────────────────────────────

以上になります。
ぜひ役立ててくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました