三方善し、を意識しよう

三方よし ビジネススキルアップ編
『三方善し、を意識しよう』_039 Find your story.channel ビジネススキルアップ編

(_039)

こんにちは!アサです。

商売上の昔からの金言で
”三方善し”というのがあります。
江戸から明治にかけて活躍した
近江商人の 初代伊藤忠兵衛
近江商人の先達に発した
尊敬の言葉です。

 

 

 

『商売は菩薩の業(行)、商売道の尊さは、
売り買い何れをも益し、世の不足をうずめ、
御仏の心にかなうもの』

 

 

ひとつずつ 見ていきましょう。
”自分善し”
これは当たり前のようで当たり前ではないです。
自分の利益を犠牲にしない。


自分なんかどうでもいい は ダメで
自分をおろそかにすると 相手方の”お客さん”
”世の中”も引きづられて
だめになってしまいます。
利益はしっかり 取りましょう。

 

 

次に
“お客さん”
適正な価格で ということですね。
高くても、安すぎてもダメ。

 

 

商品が良ければ
それなりの価格でも売れるものです。

 

 

そして
”世の中”
白眼視されない。ルールを守る。
スタートアップ時、繁忙期は
特に注意が必要です。

 

 

世の中が 発展していき
人々によろこんでもらう。
”三方善し” の定義を繰り返し
定期的に検証
しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました